2021年02月02日

節分 保育園のおやつ

節分の保育園のおやつはかわいい鬼のホットケーキでした。
  


Posted by スタッフ at 15:14

2021年02月02日

豆まき集会、のびのび英会話

本日は節分です。暦の上では明日から春ですが、とても暖かい穏やかな日となりました。園庭で豆まき集会を行い、心の中の悪い鬼をみんなで追い出しました。コロナも早くいなくなってくれることを願うばかりです。今年の節分は124年ぶりに2月2日でした。(1897年明治30年以来)地球は太陽の周りを365日と6時間弱で回ります。そこで4年に一度うるう年がありますが、それでもちょっとずれているのを補正していくと2日節分などがあるそうです。
本日は、のびのび英会話もあり、楽しそうに園児たちは活動していました。
  


Posted by スタッフ at 14:24

2021年01月26日

鼓笛発表

新型コロナウイルス感染症の蔓延、緊急事態宣言等により例年実施していた3月のひな祭り発表会を中止としました。
鼓笛の練習については、2学期より練習を続け、発表の機会を模索していましたが、本日、園庭にて保護者の皆さんに来園していただき発表させていただきました。園児たちも緊張しながらも精いっぱい演奏することができました。一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、正常な保育ができるようになることを祈るばかりです。
  


Posted by スタッフ at 19:06

2020年12月22日

第2学期終業式

22日、本日は第2学期の終業式でした。コロナの影響で運動会や子ども祭り等が中止を余儀なくされ、例年のような活動ができませんでした。代替として近くへの園外保育を増やすなどしてきました。そのような中でも園児たちは鼓笛の練習や各種制作活動には一生懸命に取り組み元気に園生活をすることができました。保護者の皆様、ご支援ご協力ありがとうございました。
  


Posted by スタッフ at 13:16

2020年12月02日

餅つき

今年も恒例の餅つきを幼稚園のホールで行いました。新しく購入した臼と杵で園児たちの掛け声とともに全員餅つきを体験することができました。栄養士や職員から餅つきの由来やお正月の神様の話もあり、日本の伝統的な行事について触れることもできました。給食では、お餅の代わりに白玉と豆腐で作ったものを入れて美味しい雑煮風の汁を出しました。感染症や窒息事故などに十分注意をした行事としましたが、園児には貴重な体験となった思います。
  


Posted by スタッフ at 14:28

2020年11月25日

11月誕生会

本日は、11月の誕生会を行いました。9名の11月生まれの園児に2学期の園外保育で楽しかったことをインタビューしたり大型絵本の読み聞かせを行ったりしてみんなでお祝いしました。園児たちには、笠間の遊びの杜や芋ほり、ミカン狩りが楽しかったようです。みんなの前でしっかりと自分の思いを話すことができ、一人一人の成長に喜びを感じました。
  


Posted by スタッフ at 12:26

2020年11月25日

みかん狩り

11月20日、24日に八郷 今橋果樹園さんへみかん狩りに行って来ました。食べごろのみかんを見つけ、クルクル回して自分でみかんを取り、たくさん食べて来ました。年長さんでは10個以上食べた園児もいました。山々は紅葉し晩秋の雰囲気も味わいながらの楽しい一日となりました。
  


Posted by スタッフ at 12:19

2020年11月11日

アクティビティ事業

本日は、アクティビティ事業が開催されました。「コードM」という
3人女性グループのアーティストに来園いただき、年長さんと一緒に
活動していただきました。琴、ピアノ、鼓などの楽器ので演歌や鬼滅の刃を演奏したり、琴の体験など楽しい時間を過ごしました。質の高い音楽に触れたり、様々な実体験を通して園児たちには豊かな感性を育んで欲しいと思います。
  


Posted by スタッフ at 21:27

2020年11月03日

避難訓練


2日、小美玉消防署の指導の下、火災対応の避難訓練を行いました。園児たちは職員の指示に従い、迅速に避難することができました。ポンプ車やレスキュー隊の救助工作車も一緒に来たので、園児たちは興味津々、一生懸命に説明に聞きいっていました。空気が乾燥し、火災の危険も増すこれからの季節、火の元には十分注意したいものです。  


Posted by スタッフ at 21:31

2020年10月27日

園外保育 芋掘り

秋晴れの中、本日は大槻ファームに芋掘りに行って来ました。園児たちは、素手で一生懸命土を掘り、大きい芋をたくさん収穫していました。芋の大きさにびっくりしたり、自分の力で掘り出したことに喜びを感じたりして、とても生き生きとしていました。
  


Posted by スタッフ at 12:42